新 着 情 報

2019.05.16

試作・技術開発支援助成事業の公募について(しまねソフト研究開発センターより)

 〇助成対象

1)県内のIT事業者

2)県内の「サービス事業者」。但し、当該サービス事業者がサービスを開発するにあたって、システム開発等を県内のIT事業者に委託する場合に限る。

3)県内のIT事業者とサービス事業者で組織されるコンソーシアム、    これらを出資者とする法人、又はこれらを構成員とする組合等。

〇助成対象事業

県内産業の新しいマーケットの創造や顧客開拓に繋がると認められ、IT関連技術を用いて独創性や新規性に富む試作・技術開発を行うものについて、次の各号のいずれかに該当する事業であること。

1VR(仮想現実)、AR(拡張現実)やドローン、ウェアラブルデバイス等の先進的なコンテンツ制作技術やIoT技術を用いて、顧客候補へ完成品に近い試作を実体験させ顧客ニーズを確かめることで、市場参入の可能性を探る事業

2IT関連機器類の開発に技術的リスクが存在する事業で、当該機器の開発自らが行えるかどうか試作において技術検証し、市場参入の可能性を探る事業

〇助成内容等

●助成率:対象経費の1/2

●助成限度額:50万円以下

●助成期間:交付決定日から3ヶ月

●助成対象経費:人件費、外部委託費 他

〇公募期間  随時募集

※要項等、詳細につきましてはITOCのHP(https://www.s-itoc.jp/news/wanted_subsidy/849)をご確認ください。

ページの先頭へ